Congratulations, Otou-san

May 13th, 2012 by Author

As prompted by tweet, here’s my very liberal and amateur translation for The Rika End video – with heavy spoilers, naturally! – to be read in a separate window:

SFX: Door opens

RIKA: 「旦那さまーーーっ 愛しの理科が帰りましたよーーーっ!」 == Honeey! Your lovely Rika is hoome!

KODAKA (narrates): さて、かわいい奥さんのお帰りだ。 == Now, to welcome the cute wife.

KODAKA: 「おかえり、理科」 == Welcome back, Rika!

RIKA: 「はい、ただいまです、小鷹さん! == Thanks, I’m back, Kodaka!
さあ、お帰りのちゅーをお願いします!!」 == Now, the welcome kiss please!

KODAKA: 「はいはい」 == Yep

KODAKA (narrates): 理科の要望に応えて唇を合わせる。 == As Rika wanted, we touch lips.

SFX: Kissing

(continues) 理科は今、三人目の子どもを妊娠中だ。 == Curently, Rika is expecting our third.
けれど、いろんな会社や研究所 囲って忙しく働き続けている。 == However, she continues to stay very busy consulting various companies and research organizations.
それだけ、理科のことを必要としている人が多いのだ。 == That’s how much she is needed by many people.

KODAKA: 「今日はお腹の子、大丈夫だったか?」 == Tummy ok today?

RIKA: 安定期に入ってから大丈夫ですよ。 == Stable period of pregnacy has began, so it’s fine.
それに無理は絶対にしません。 == Anyway, I never do anything too tough.
子どもが一番大切ですから。」 == Children are most precious, you know.

KODAKA (narrates): そう言って理科がまた唇を突き出してくるので、俺はもう一度キスしてやった。 == Saying that, Rika again kissed me.

SFX: Kissing

RIKA: 「ふふ。それで小鷹さん、あの子たちはもう寝ちゃいました?」 == ^_^ So, Kodaka, kids are asleep already?

KODAKA: 「ああ。今、寝かしつけてきたとこだよ」 == Yeah. I put them to bed just now.

RIKA: 「むー、そうですか。でしたら、また起こすのはかわいそうですね」 == I see.. It would be a pity to wake them up.

KODAKA: 「明日の朝、おはようとただいまを言ってやれよ」 == Tell them good-morning tomorrow.

RIKA: 「そうします。で、いっしょにハグとちゅーも大サービズしちゃいましょう」 == Will do, and add a special hug.

KODAKA: 「そうだな。飯は?」 == Right on. Supper?

RIKA: 「食べてきました。それよりですね、先輩。 == I ate. But that aside, sempai
子どもたちも寝ちゃってるわけですし・・・・・・」 == Since kids are asleep…

KODAKA (narrates): 理科が俺のことを「先輩」と呼ぶのは、まぁつまり・・・ == Rika calls me sempai when… well…

KODAKA: 「や、め、ん、か!」 == NO. WAY.

RIKA: 「あぁん」 == Ahh!

KODAKA (narrates): 俺は軽く理科の頭をたたく。 == I hit her lightly on the head.

KODAKA: 「まったく・・・安定期までまたちょっとあるだろ。 == Geez, pregnacy is just into the steady state.
お腹の子に障ることはできないっての」 == You’re going to damage the child.

RIKA: でもー、やっぱり理科としては、先輩の遺伝子に興味津々なんですよ」 == But, for me, sempai‘s DNA is so very interesting.
先輩の遺伝子と理科の遺伝子をかけ合わせるとどうなるのか・・・ == I keep wondering what is going to happen if we combine our DNA…
サンプルは多い方がいいですからね♥」 == I need lots of samples!

KODAKA:「おまっ・・・子どもをそういう目で見るなよ」 == Wha… Don’t think about children like that!

RIKA: 「ふふっ。冗談ですよ。でも、子どもは多い方がいいというのは本心です」 == Heh. I’m joking! But I really think we need lots of kids.
「だって理科は愛する先輩の子どもだったら。何人でも欲しいんですから!」 == They are kids of my beloved. Any number is good!